プロフィール

nori

Author:nori
自己完結な独り言を書いてます。
とうとう四十になっちまいました。
「四十にして惑わず」とはほど遠い状態を何とかせねば・・・

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』 試写会より

10 21, 2009 | 日記のような。

0 Comments
これは、
夢を持っている男のための映画であり、
夢を失くした男のための映画だ。



…と思いたい(笑)


いや別に、女性が見てくれてもいいんですけどね、
私がオススメしたいのは男性だ ってだけで。

しかも出来れば、
世の中を知らない若者ではなく、
十分によく知っている中年以上(35歳以上としておきましょうか)に
ぜひオススメしたい。

なんでか?


カッコ良く語られがちな「夢を諦めない」って事が、
実際はどんなことなのか、誰を苦しませて悲しませるのか、
それが実感として分かる人が見るべきだろうな~…と。

子供に、スタンド・バイ・ミーの良さが分からないのと一緒でね。
これが分かってたまるか! って感じがしてしまう。

もぅね、見てて苦しいの。
胸が痛い。
身につまされる。


この映画、良くも悪くもドキュメンタリーなもんだから、
辛くても、頑張ってたらいいことあるじゃ~ん! みたいな、
スカっと明るいフィクションとはまったく違う。
「情熱大陸」のつもりで見ていたら、
途中で気持ち悪くなっちゃうかも。

教訓めいたストーリーも、あるんだかないんだか。
愛や友情や家族や夢や…そんな何かを訴えたいのかと思いきや、
だとしたらこのインタビューはカットしろよ!みたいなシーンも多くって。

そんなこんなが、
"良くも悪くも"ドキュメンタリー。
だから胸が苦しいんだし、
だからあのシーンでも鳥肌が立つ。。


あ、それからね~…
これは単なる副産物だけど、
映画を見終わった後に


自分が日本人であることを誇りに思えちゃうかもね。


ストーリー書くの面倒で…(笑)
詳細は、公式サイトで確認ください<(_ _)>
映画『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』 
スポンサーサイト

« 某氏のマネして どっちも必要。 »

- Comments
0 Comments

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。