プロフィール

nori

Author:nori
自己完結な独り言を書いてます。
とうとう四十になっちまいました。
「四十にして惑わず」とはほど遠い状態を何とかせねば・・・

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク

スポンサーサイト

-- --, -- | スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えにし

05 15, 2009 | ふ と思う。

3 Comments
この間、
なにかのテレビでストイコビッチが出ていて、
なんかちょっと不思議な 縁 を感じました。


Jリーグ発足当初。

ジーコやリネカーなんかの「往年のスーパースター」
が続々と来日する中で、
ロートルと言うには若すぎる年齢の ホンモノ が
日本に来ました。

それが、ドラガン・ストイコビッチ。


ピッチの上で妖精のように見えたせいか、
ピクシー(=妖精)と愛称がついていたストイコビッチ。

それでも所属チームのグランパスでは、
なかなか結果を出せずにいました。


で、ベンゲルの登場。

以前にヨーロッパのチームで監督をしていた頃、
ピクシーを獲ろうとするも諸々の理由から断念した
経緯もあってか、ベンゲルがグランパスの監督になると、
チームをピクシー中心に変えて、ピクシーもグランパスも
見事に再生したのでした…

そのピクシーの技を見て憧れ、マネしていた(らしい)のが、
まだ入団間もない中村俊輔。

「対アジア専用ファンタジスタ」などと揶揄されていた
俊輔も、今では日本代表の中心として、身の丈に合った
リーグで存分に力を発揮しています。


そして、かつてユーゴ代表で、監督と選手という立場で
ピクシーと一緒に戦っていたオシムがJリーグの監督に。

ジェフを蘇らせたオシムは日本代表の監督になりました。

その、日本代表。
W杯が終わってから、しばらくスランプで
代表に呼ばれていなかった玉田。

彼のW杯ブラジル戦での、ニアへのシュートは
「どぅだ! 日本人もやるだろ!?」 って、
思ったもんでした。

その、玉田がくすぶっていたグランパスの監督に、
ピクシーが就任。

ピクシーは、グランパスで自分がしてもらったように、
玉田とチームを再生させました。


…さて。

ピクシーはこれから、

ベンゲルはこれから、

俊輔や玉田や、オシムはこれから、

日本代表に、どんな風に関わって、

どんな縁を次の世代に残してくれるのか。


なんだか不思議だし、

とても楽しみです。

 
スポンサーサイト

« くま…初登場。 実はなんだか »

- Comments
3 Comments

その人にあったチームぢゃないと力を発揮しないのか
( ̄~ ̄;)

サッカーも会社も同じだ
(゜_゜)(。_。)

by こやぎ | 05 17, 2009 - URL [ edit ]

こぶたん元気?

by こやぎ | 06 02, 2009 - URL [ edit ]

とりあえず

復活してみたw

by nori | 06 22, 2009 - URLedit ]

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。